忍者ブログ

酒とバラの日々 福岡を中心とした食べ歩き情報と、ワインやおつまみのレシピブログです。 国内、海外の旅行記もやってます。 Twitter:http://twitter.com/ariahisaeda

RSS TWITTER RssTwitter

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

大英博物館のセンターコートカフェでアフタヌーン・ティ(ロンドン)

大英博物館に限らず、こういった巨大ミュージアムを見るのは体力勝負です。
歩く距離も長いですが、おまけに多くの情報を頭が処理するので、もう、目がシパシパするくらい疲れます。
とりあえず休憩時には脳に糖分でも与えるべきかと。

センターコートカフェ

ってことで、今回は贅沢にセンターコートにあるカフェに入ってみました。

にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ にほんブログ村 グルメブログ ランチへ にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

TREview 食べログ グルメブログランキング

 

拍手[1回]

カフェ内部

すっきりとしたモダンデザインでなにかと目立つこの場所。
サーブしてくれるので、お値段はそれなりに高め。
でも、朝、オックスフォードを出たまま、大英博物館まで来ちゃった我々としては、ゆっくり寛げる場所が欲しかったので。

カフェ

ただ、この場所って、目立つんですよね。
なんか前で記念写真を撮っている人たちさえいる始末で。
ま、インテリアとかかっちょいいからなぁ。

アフタヌーンティー

で、ここで、長年の念願であったアフタヌーン・ティなるものに挑戦してみました。
イギリスでアフタヌーン・ティ!いや、日本でも挑戦したことがないんですが、あの人目をひく三段重ね、優雅な雰囲気。一度は試してみたいじゃないですか。とミーハー気分。

ホントは、シャンペンつきもあって大いにそそられたのですが、まあ、お値段いいしね。
ってことで、アフタヌーン・ティ一個とって、配偶者と半分こにすることにしました。

ケーキ

一番上の段には、スィーツ系が5種類。ムースだとか、タルトだとか、ブリュレとか。
マジ。これ全部食べるの?という量。

サンドイッチ

真ん中の段には、サンドイッチ。何故か貝割れがのっています。イギリスでも食べるのか。
ま、これはいかにもイギリス風の薄いパンにはさまれたオーソドックスなサンドイッチ。日本のものとあんまり変わりません。

スコーン

最後の段には、クローテッドクリームとジャムとが満載になったスコーンです。

うーん、クローテッドクリームが良い香り。これが一番美味しいかな。

紅茶

これにポットサービスの紅茶がつく、と。残念ながら紅茶はティーバック。まあ、昼間のように、ミルクの中に直接ティーバックが漬かっているやり方じゃ、ないですが…。

アフタヌーンティーたれ

なんというか、これでランチでもいいくらいのボリュームでしたねえ。でも、なんか周りを見ると妙齢の女性たちが優雅にこの華やかな三段タワーを一人一個づつ取ってましたよ。
時間的にいってランチじゃないよね。スゴイ。

とはいえ、念願のアフタヌーン・ティを食べられて、私は大満足でした。満足だったけど、一回で十分。
やっぱりこれは甘党の人たちのもの。ケーキがかなり邪魔。辛党にはケーキなくていいからシャンペンがよかったw←それではアフタヌーン・ティ一にならないから

どう考えても次からは、紅茶&スコーンで十分かな。もしくはサンドイッチとシャンペンか(笑)

まあ、この糖分補給のおかげで、さらに大英博物館も元気よく回ることもできたので。それはそれでよかったかと。
PR
Comment
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ロンドン紀行15 美術館など 2 大英博物館
みんみんです。最初の記事は、やっぱここでしょう。イギリスが世界に誇る博物館・大英博物館です。随分昔の最初のロンドン訪問時には、古くて暗いイメージの博物館でしたが、内装も現代的に改築されて有名建築家によるデザインは斬新でかっこいいです。印象に残っているメイン所蔵品は変らずに鎮座していました。ロゼッタストーンはガラスケースに収納されていました。いつも人が集まっていますね。前回の印象は、とにかくミイラ!!だったんですが、子供だったんですね~。臭いもミイラの臭いがしていたような記憶があります。(初回訪英の記憶はこ...
URL 2009/11/03(Tue)06:32:31
Clear