忍者ブログ

酒とバラの日々 福岡を中心とした食べ歩き情報と、ワインやおつまみのレシピブログです。 国内、海外の旅行記もやってます。 Twitter:http://twitter.com/ariahisaeda

RSS TWITTER RssTwitter

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

トプカプ宮殿-ハーレムを中心にして(イスタンブール)

アヤソフィアと並んで、イスタンブールの大観光地、トプカプ宮殿です。
イスタンブールを陥落したメフメト二世が、治世のために造営したオスマントルコの大本営でしたが、その後、博物館として公開されています。



開館前に「挨拶の門」の前に並ぶ、人人人。これでも、アヤソフィアが休みの時と比較すれば、ましなのだとか。チケット買うのにも一苦労なので、滞在が長いひとや、博物館をたくさん行く予定の人は共通入場券のミュージアムカルテを購入しておいたほうがいいです。



カリグラフィーで装飾された門です。世が世であれば、庶民が入ることができぬこの門。ああ、今の時代で良かった。



これは幸福の門と呼ばれている門。(斜め横から撮っているので門らしくありませんが。)これより内庭に入ります。



最初に目指したのが「ハーレム」。宮殿への入場料とは別に料金が発生しますが、ここは見逃せません。
各国の美姫を集めて、ただただサルタン一人のみのための後宮です。まあ、システムとしての後宮は日本にも「大奥」があったわけですが。江戸城も残ってたらなぁ。

ついつい西洋人の異国への妄想に影響されて、淫靡かつ美麗な女の園をついつい思い浮かべてしまいますが、もちろん妄想は妄想。実際のところハーレムは大奥と同様、もしくはそれ以上に規律の厳しい世界。女性たちは行儀見習いや、踊りや楽器などを叩き込まれたとか。



壁という壁を埋め尽くす伝統的なカリグラフィーと抽象化された草木の紋様と幾何学模様。
ブルーと白の色合いがとても美しいです。



廊下も似たような色調。アクセントにいれられた金地が非常に美しく感じます。



通路のタイルも細かな模様が入っています。



こちらは後宮に仕える女性たちの部屋。ほとんどが異民族との戦争で、戦利品として連れてこられた女性たちです。外出さえままならず、この寂しげで小さなコンパートメントに閉じ込められた一生だったそうです。



対して豪奢な装飾に彩られた王の居室なんですが、広いし、装飾が過剰で正直言って落ち着かねー。

美姫を侍らせての贅沢三昧なのでしょうが、あまり快適とは言いかねる状態の様子。15世紀に作られた城なので当たり前と言えば当たり前。
結局近代になって政治の中心は西洋風のドルマバフチェ宮殿に移ってしまったそうです。居住性悪そうだもんなあ。



とはいえ、この天井の豪華さ。美しさ。こういったドーム型の天井はいたるところにありますが、どれもみなものすごい精密さ。イスラムの技術の高さが伺われます。



廷内にある噴水。水に不足する砂漠の出身であるトルコの人々にとって、贅沢な噴水はなによりの宝であったのでしょう。室内まで噴水で飾ってます。

これまた王者の権力の象徴。




ハーレムには「鳥籠」と呼ばれる一角があります。これは、王位継承権が二位以下の王子たちが、閉じこめられた部屋です。
実はトルコの王室では、長男以外はすべて殺されていたようです。しかし、それではあまりに惨く、また長男に万が一のことがあったときに王系が途絶えてしまうということで、皇太子の兄弟たちはこの部屋に閉じこめられたそうです。長男が無事に王位を継承すれば、一生。

その希望のない生活に、王子たちの中には気がふれたものさえでたとか。

実はこの制度はオスマントルコの弱体化の原因のひとつともなったそう。そりゃそうですよね。下手すりゃここで成年まで幽閉された王子をスルタンとすることになるハメになるわけで。
実際、精神的な障害を抱えたサルタンが誕生してしまい、実際の政治を皇太后が行い、ハーレムが政治を支配する「女人の時代」となったとか。

後宮の政治への関与というのはどの国でも起こったんですね。なかなか興味深い。



格子の窓が確かに鳥籠を思わせる場所です。



鳥籠の外観。

まあ、この中から出られないのは窮屈ではありましょうが、話しに聞いて想像したよりは環境いいかも。ただここは何度も美しく改装されているので、実際に王子たちが過ごしたのはもっと厳しい環境だったのかもしれません。



ハーレムをはなれ、次は噂に高きオスマンの宝物庫へ。



トプカプ宮殿といえば、世界の覇権を握ったオスマントルコの数々の財宝でも有名です。とにかくその持てる宝石類ときたら。
至宝と呼ばれる、エメラルドの短剣やこぶし大の超巨大なダイヤモンドなどなど。イギリスの「アフリカの女王」とどっちが大きいのだろう。
残念ながら撮影はできませんでしたが、圧巻といかいいようがありません。

そのなかでも思わず感嘆したのは卵くらいの大きさのエメラルド。これが20個くらい無造作にかごにいれられてました。ばらばら、と。
いや、もうこの大きさになるとエメラルドには見えなくてただのプラスティックの珠にしか見えませんが。間違いなく本物です。あまりに無造作すぎる。まるで河原でとってきた石みたい。
一個くらいくれないかしらw

いくら古いものとはいえペルシャでは日常品でしかないガラスの杯を後生大事に千年護り続けている本邦とは、富のスケールが違いますな。世界の覇権を握ったオスマントルコの膨大であった国庫を想像させます。



廷内には地中海の花、バラが咲き乱れていました。

他にも広大な宮殿内はいろんな部屋がありましたが、もっとも印象的だったハーレムを中心に紹介しました。

拍手[6回]

PR

トルコでの食べ歩きの結果

遅ればせながら新年はじめての更新となります。
今年もよろしくお願いいたします。

----------------------
今回はトルコの食事について書いていきたいと思います。お店の名前や外観などの記録が欠けているので、美味しかったものをピックアップしたいと思います。

トルコの食事はとても美味しかったです。いたるところにロカンタ(大衆食堂)があって、美味しいものが安価に食べることができます。イスタンブールだと大体英語が通じるし、料理の名前がわからなくても指さしで選ぶことができます。



どこでも美味しかったのが、このトルコ風ハンバーグ、キョフテです。牛肉や羊肉で作ってあります。ハンバーグよりは歯応えがあって、肉の旨味がギュッとつまっています。

トルコの人たちは遊牧民の子孫ですから、お肉の取り扱いはとても上手です。



こちらはピーマンのドルマ(詰め物)。大きなピーマンの中にピラフが詰められたものです。以前本で読んで、ぜひ食べてみたかったものです。



中に詰められたピラフはトマト味だったので、なんとなくオムライスっぽい感じ。肉厚で甘みのあるピーマンとよくあってました。



こちらはムール貝のドルマ。レモンをぎゅっと絞っていただきます。ムール貝の旨みがピラフにしっかりと吸い込まれていて、なかなかの珍味。酒の肴にぴったりなのであります。ああ、これにワインがあったらなぁ、と思うのですが、残念ながらロカンタでは飲酒は御法度。
スーパーではビールは売っているので、帰路ビールを買って部屋で飲みました。ああ、悲しい下戸の性。



最終日に行ったちょっと小洒落た感じのロカンタにていただいたアーティーチョークの前菜。
日本ではアーティチョーク(あざみ)の根はあまりみかけませんが、空豆に似た味がします。
これはちょっと甘い仕上げで、私の好みじゃなかったのは残念。



メイン料理はチキンのケバブ。一皿にサラダと温野菜、米飯といっしょに盛られています。
なんとなくトルコライスの起源はこれかもしれないと思ってしまいました。
野菜たっぷりでバランスのとれた定食となります。



こちらはラム肉のシシ(串焼き)です。肉料理にまずはずれがありません。ジューシーで適度な歯応えが残っていて。肉を食べているーって感じなのですがまったく臭みがありません。



トマトとキュウリのサラダ。日差しの強いトルコのトマトはとても甘くて美味しいです。
これにかなり辛い唐辛子が載っていて、アクセントになっています。
トルコ料理は全体的に野菜が多いので、かなりヘルシーでバランスがよいです。

なにはともあれどこでも美味しいものをいただきました。ああ、また食べ歩きたい。

拍手[5回]

古代史の宝庫 国立考古学博物館(イスタンブール)

ブログの更新お久しぶりです。寒くなって、暑いころのブログを書こうとすると、どうしても筆がすすまず、こんなに遅くなってしまいました。すみません。

-----------------------------------------------------

イスタンブールは毎日暑くて、日差しも強く、一日中観光するのは体力的には無理。
ってことで、行きたい場所を絞って動くことにしました。

前日にアヤソフィアに行く途中に存在することを確認したイスタンブール古代史美術館へ。ひとりで動くには、比較的安全な場所ですし、歴史好きには欠かせない場所です。



トルコ国旗のたった美術館入り口。それにしても、苛烈な日差しです。朝なのに。



国立考古学博物館とくくって言っていますが、3つの博物館で形成されていています。考古学博物館と古代オリエント博物館と、タイル博物館。
共通の入場料で三つとも見られるので、なかなかお得と言えましょう。
まずは、とにかく考古学博物館に入りました。



1階の暗い館内、目をひくのは石棺の展示室です。こちらは紀元前5世紀に作られたというリキアの石棺。屋根がロケットみたいになっているのが特徴的。

ギリシャ神話の神々の彫刻が施されています。



もうひとつはアレキサンダー大王の石棺…なはずなおですが、どうもガイドブックの写真と違うなぁ。
こちらも緻密な彫刻が施されています・



オリエント風の棺。
なんとなくエジプトのファラオの棺みたいですね。



そして数多くのギリシャ彫刻。残念ながら頭や顔が失われていたり、手足がもがれていたりと完全なものは少ないのですが、それはそれなりに、不完全であることが魅力というか。
騒乱の歴史を越えて、静かに佇んでいます。



エアコンは入っているのですが、1階は涼しくとも、2階3階と登って行くうちにほとんど効いていません。超がつくほど暑いです。
ひとつひとつを丁寧に見ていくと時間がいくらあっても足らないくらいの膨大なコレクションなのでへとへとに。



お次は装飾タイル博物館です。
優雅な細い柱が装飾となっている建物も素敵。
イスラム世界はタイル芸術の世界。細かい紋様と青い色遣いが特徴ですね。



そのタイルで飾られた暖炉でしょうか。
凝った意匠です。



タイルと同じ模様の水差し陶器も飾られていました。考古学博物館と比較すると少々ボリュームには欠けるものの、日本ではなかなか見かけることのない品々で、訪れる価値はあります。



最後にオリエント博物館に。こういう括りの博物館というのもなかなか珍しい。



古代オリエントはやはり動物柄w ライオンは欠かせません。

館内は人が少なくて、ゆっくり見られるのですが、ふと見ると佇むスカーフをした美女。
トルコは美人さんが多いですが、彼女もそのひとり。
目があってしまい、ニッコリと笑いかけられてしまいました。こっちはドギマギ。
あの印象的で謎めいた微笑み、なんだったんだろうなあ、と思います。



広い館内を見回った後は、庭園カフェで一休み。暑いのでソーダ水を飲みました。ちなみに炭酸水はトルコ語でもソーダです。
スパークリングウォーターと無理していうより通じます。



庭には数々の石像が豪快に放置してあります。飾ってあるというより、本当に放置という状態で。
数が多すぎて、倉庫にすら入り切れていないという感じ。



でも、緑の蔭と歴史を感じさせる彫像たちに囲まれつつ飲むソーダはなかなかでした。
乾燥しているので木陰はかなり涼しく感じます。



博物館の下のほうがどうも発掘の現場だったらしくて、大きな石柱の後なども見ることができます。

拍手[4回]

ビザンチン帝国の遺産 聖ソフィア大聖堂(アヤソフィア)

ブルーモスクの後は、最大の目的、アヤソフィアへ。アヤソフィアというトルコ語での名称が一般的ですが、英語ではギリシャ語のハギアソフィア。日本語では聖ソフィア大聖堂といいます。

イスタンブールがコンスタンティノープルと呼ばれていた当時、つまりビザンチン帝国の首都であった時代に建造されたキリスト教の大聖堂です。



コンスタンティノープルの陥落後、一時期はモスクとしてつかわれたので、イスラム教会風にミナレット(尖塔)が建てられています。
ブルーモスクと同様、巨大な建造物です。建造が6世紀とか。すごいですね。日本では仏教が伝来するかしないかってところだ。

内部は金色の箔により黄金に輝き、モザイク技術の粋を集めた装飾が飾られています。



入り口で迎えて下さるのが、「キリストと皇帝」のモザイク画。
これらはすべて色の違う石を組み合わせることで絵に仕立てています。

キリストを取り囲むように大天使と聖母マリア。そしてキリストのもとにひざまずく皇帝らしき人が描かれています。この皇帝は誰であるかは特定されていないそうです。ひょっとしたら、ビザンチン帝国自体がキリスト教に帰依する、ということをあらわしているのではないのかしら。

ビザンチン帝国(東ローマ帝国)はギリシャ正教を国教とし、キリスト教の力で国を束ねていました。



残念なことに、アヤソフィアは現在修復作業中。豪奢にして壮麗なる空間を楽しむには、組まれた足場が艶消しです。ついてないなぁ。
再度訪れることはなかなか難しいので痛恨でありました。

それでも、天使が飾られたドーム天井は、外部の光を上手く採り入れて、金色に輝いてます。



あくまで博物館であり、宗教的な場所でないということ。それをもってアヤソフィアは存在を許され、こうやって我々観光客に公開されています。

コンスタンティノープルを征服したメフメト2世も、この美しい聖堂を惜しみ、破壊させなかったとか。
途中モスクとして使用された時も、モザイク画は漆喰で塗りつぶすだけですみ、そのおかげで現在我々が目にすることができるのです。



半ドームには麗しい聖母子像が、拝謁する人々を見下ろしています。



中2階の廻廊から最大望遠で撮影した聖母子像。ああ、もっと近づきたい。
(もっといいカメラがあれば…。)



四方には大天使のモザイク画。気の遠くなるほどの年月を経ているために、いささか痛みが激しいです。




こちらも羽根があるから天使でしょうね。

モザイク画は他にもいろいろとあるのですが、修復の梯子の向こうに隠されているようで。
ああ、返す返すも残念でした。とはいえ、この目に直接アヤソフィアを見ることができて、非常に嬉しかったです。

ビザンチンのこの素晴らしいモザイクの技術は、帝国が滅びるとともにそのほとんどが消滅しました。
わずかにイタリアの一部や、正教会の伝統を受け継いだロシアで、継承されたようです。

拍手[4回]

神の蒼 スルタンアフメト・モスク (ブルー・モスク)(イスタンブール)

会議の休み時間をぬってようやく旧市街スルタンアフメト地区を観光することになりました。



オスマンベイから旧市街へは地下鉄二回乗り換えた後、路面電車に乗ります。少しややこしいけれど、わかってしまえば、何のことありません。一人でも動ける。
イスタンブールの地下鉄は出来たばかりなのか、とても清潔できれい。なんとなく日本の地下鉄を思わせるシステム。後から調べると、大成建設が海底トンネルの建設に協力しているので、その影響かもしれませんね。




路面電車に乗り換えのために降りたエミノニュで目の前にした金角湾。大河のように見えますが、マルマラ海からヨーロッパ大陸に切り込んだ角の形の湾です。

青く光る海面を見ながら改めてここまで来たんだ、と感慨に耽りました。小説などで馴染んだ地名の場所が今目の前にあります。



そして金角湾を挟んで望むガラタ地区。コンスタンティノープル陥落まではジェノバ人たちが居留していた場所です。
遠目からもガラタの塔が目立ちます。

金角湾に船舶が立ち入らぬように張り巡らされた大鎖はこのガラタの塔に結び付けられていたのだとか。

昔ながらのオスマントルコ帝国の面影を今に残すと言われるガラタ地区も観光してみたかったのですが、まあ、次の機会に。



最初はまずトプカプ宮殿を目指しましたが、おやすみでした。門のところには自動小銃を構えた守衛さんが立っていて怖いったらありゃしない。
さすが軍事国家というか。日本だと守衛さんは武装してないしなw

すぐに引き金がひける自動小銃というのは、非常に威嚇効果が高いですね。

声をかけるのも憚られたので、そそくさとスルーして、ブルーモスクへと向かうことにしました。



ブルーモスク。正式名称はスルタンアフメトモスクです。壮麗なるイスラム建築の代表作の一つ
巨大なアヤソフィアとほぼ同じようなサイズで、向かい合うように建っていて、まるで双子のよう。
オスマントルコ帝国のスルタンアフメト1世によって建造されました。



お祈りのできる正式なモスクですが、観光客も立ち入ることが出来ます。ただし、入り口では服装検査あり。女性は露出を抑え髪はスカーフで隠す必要があります。ノースリーブや短いスカートとかもダメ。持っていない場合はスカーフを貸してくれます。

また日本のお寺さんのように、靴は脱いで袋の中に入れて持ち歩きます。
また地元の人と観光客では入る入り口も違っています。本当にここは祈りの場所なのです。




内部には赤い絨毯が敷き詰められていて、床に座ることが出来ます。
壮麗、豪奢、綺羅綺羅しいモスクですが、観光客でごった返しているにも関わらず、清浄な空気が流れていて、何故か心寛ぎます。

ふと西行法師の「何事のおはしますをば しらねども かたじけなさに 涙こぼるる」という歌を思い出しました。(もちろん、これは伊勢神宮を歌ったものですが。)
宗教の枠を越えて、聖性は心をうつものです。



それにしても、ため息が出るように美しい天井。
偶像崇拝は禁じられているから意匠は草花に限られるようですが、その緻密さ、バラエティの多さ。



柱という柱、壁という壁、すべて埋め尽くす様々な植物を模したブルーのタイル。この場所がブルーモスクと呼ばれる由縁です。



意匠としては文字もよく使われています。何が書いてあるかわかりませんが、美しいカリグラフィです。

拍手[5回]

Clear