忍者ブログ

酒とバラの日々 福岡を中心とした食べ歩き情報と、ワインやおつまみのレシピブログです。 国内、海外の旅行記もやってます。 Twitter:http://twitter.com/ariahisaeda

RSS TWITTER RssTwitter

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

光明禅寺と梅が枝餅の照の恵 照の恵(喫茶 太宰府)

シェアブログ1262に投稿

せっかく太宰府まで足を延ばしたので、近場の散策をしてみました。
例によって、大きな参道から横道にそれて、歩いていると、「光明禅寺」というお寺にたどり着きました。

前庭

覗いてみると、なんとも風雅な雰囲気。
一時、閑けさを楽しみます。
その後は、歩き疲れたので、近くのお茶屋さんで、梅が枝餅といただきつつ一服しました。

にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ にほんブログ村 グルメブログ ランチへ にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

クチコミblogランキング TREview



拍手[2回]

光明禅寺

光明禅寺は、地元では大変人気の高いお寺さんだとか。でも団体の観光客はほとんんおどスルーみたいです。
九州国立博物館が出来たので、前の道が整備されましたが、目と鼻の先程度の距離にもかかわらずここまで足を延ばすお客さんは珍しいようです。

後庭

枯山水の前庭。もみじが見事な美しい石庭の後庭。
目に沁みるようなもみじの青葉。それと対照的な真っ白な石。見事なハーモニーを見せる美しい日本庭園です。
中ではそっと座禅をくんでいる人もいるので、シャッター音すらはばかられるほど。

心が洗われるようなひとときでした。

ここは是非、紅葉の季節に訪れてみたいです。

照の恵

配偶者へのおみやげに、彼の好物の梅が枝餅を買って帰らねば。
参道に戻るまでもなく、光明禅寺の側にも、梅が枝餅のお茶屋さんがありました。

赤いグミ

本当に昔ながらの、という雰囲気の茶店。
観光グッズなんかといっしょに、手作りの紫蘇漬け梅が置いてあったりと、懐かしい感じのお店です。

メニュー

見ると、梅が枝餅とコーヒーや、お抹茶などとのセットがあるようです。
歩いて少し喉も渇きましたので、お抹茶セットをいただいてみることにしました。
朝から、コーヒー二杯飲んだ後なので、カフェインのとりすぎですね(^^;;;;;;)


お抹茶セット

とはいえ、爽やかな苦みの「お薄」と、梅が枝餅との取り合わせはベストマッチング。初夏の陽気に乾いた喉の乾きがさっとひいていきます。

梅が枝餅

ここの梅が枝餅は、表面がパリッといして、お餅のひきがよく。あんこの甘さがしつこくないです。
ちゃんと天満宮の梅のマークがついてますね。

参道から離れているので、静かでいい雰囲気。これはなかなかの場所を探し当てたのかもしれません。

内庭

窓からは隣家のよく手入れされたお庭が見えて、風情がありますね。
(隣家はこのお店の方のお家なのかな?)

配偶者へはちゃんと梅が枝餅を買って帰りました。
10個も買って、冷凍保存してあります。(^^


PR
Comment
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
ここ
大宰府に来たら必ず寄ります。
真夏でもここは涼しい風が吹き抜けて。
入り口は訪いをかけてもし~んとしてますよね(笑)
あやのすけ 2008/06/17(Tue)09:12:59 編集
あやのすけさん
苔寺の名前だけ知っていて、実際行ったのははじめてでした。
次から、毎回行くと思います。
紅葉の時期が楽しみです。
2008/06/24 23:48
無題
梅が枝餅おいしそうですね。

またもや隠れたお店?訪問成功ですね!
とまと URL 2008/06/17(Tue)19:04:26 編集
みぃやさん
梅が枝餅に似たお餅はたくさんあるんですが、やはりひと味違いますね。
2008/06/24 23:49
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
太宰府「照の恵」*限定よもぎの梅ヶ枝餅
太宰府天満宮のすぐ近く 光明寺(苔寺) のお向かい、 老舗の茶店『照の恵』さんで梅ヶ枝餅を。     「25」は、菅原道真公に縁ある数字。 誕生された日・左遷された日・お亡くなりの日、すべて25日だそう。 太宰府天満宮では、毎月25日にお祭りを、25年ごとに大祭
URL 2008/11/07(Fri)18:23:36
Clear