忍者ブログ

酒とバラの日々 福岡を中心とした食べ歩き情報と、ワインやおつまみのレシピブログです。 国内、海外の旅行記もやってます。 Twitter:http://twitter.com/ariahisaeda

RSS TWITTER RssTwitter

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

会席で鳥取の名産を堪能 はせ川(鳥取)

はせ川割烹・小料理 / 鳥取駅

夜総合点★★★★ 4.5


こぜにやをはじめとして、もう食べ過ぎ状態になっていますが、せっかく一泊延泊したのですから、やはり美味しいものを食べに行きたいです。ネットを検索して、知る人ぞ知るといった鳥取の名店、「はせ川」に行きました。

はせ川

ホテルから徒歩で5分くらい。人気店だけど小さなお店なので、あらかじめ電話で予約しました。
「旅行者なんですが、ひとりで入れますか?」と尋ねると「旅行社の人ですね?」と。うわ、言葉って難しいw。
それはともかく、ひとりでもOKだったので、すぐに出発。ビルの片隅。地図がなければ見落としてしまいそうなお店です。

拍手[3回]

地酒

とりあえず辛口の地酒を。銘柄をお聞きしたはずなのですが、覚えてないやw。でもすっきりとした飲み口のいい日本酒でした。鳥取の地酒で辛口ならコレという有名なお酒のようでした。

つきだし

カウンターで、お料理はおまかせのコースのみ。好き嫌いなど細かいお願いは聞いていただけるようです。
昨晩こぜにやに泊まり、カニ三昧であったので、今日は軽めのものをとお願いしました。

でてきた前菜がとても手が込んでいます。クワイの素揚げ、こごみ、鮹の柔らか煮、白和えなどなど。
で、どれも優しくて美味しい味。食べ過ぎで少々重い胃が、すっかりそんなことを忘れて目を覚ましてしまいました。

刺身

そしてお造り。とろけるようなまぐろ、甘い白イカ…。
旨いわー。新鮮だわー。

もさ海老の天ぷら

続いてでてきたのが、もさ海老の天ぷら。銀杏の素揚げや、たらの芽の天ぷらが添えられています。
先に帰ってしまった配偶者に心の中でごめんねをいいつつ(笑)堪能しました。
しゃきっと揚げられた甘い海老。生の海老も美味しいですが、天ぷらってさらにその旨味を凝縮しますよね。

のどぐろ

こぜにやでいただいたのどくろがまた食べたい、と、遠慮なしに「のどぐろ」の塩焼きをお願いしました。高級魚だから、お値段はんぱないらしいのですが、足がでた分は鳥取観光協会に請求されるそうですw
脂の乗った塩焼きは焼きたてはさらに格別です。この味わいは他の魚では出せないなあ。
もう、これだけでも満足。

鳥取牛

お次はカブと牛肉のクズ引き。上品な味わいでいいですねえ。カブの甘さが口のなかに拡がります。

白子の包み焼き

白子の包み焼き。まったり白子がよい感じ。こちらもとても日本酒にあいます。うん、絶対地酒にして正解。


鳥取牛ステーキ

そしてメインは鳥取牛のステーキ。写真の撮り方が悪くて、ポテトサラダしか見えていませんがw。
この牛肉がまた柔らかくて、柔らかくて。
こうやって少しづつ出していただけるので、いろんな種類が食べられます。

旨いものの力って怖ろしいですね。食べ過ぎていたことなどすっかり忘れてしまってますね。

稲庭うどん

〆は稲庭うどん(もずく雑炊を選択することもできます。)さらっとした細めのうどんは、どんなにお腹いっぱいでも別腹ですねえ。←だから太るんだと思われ。

さすがに最後のデザートはパスしましたが、他は完食。ああ、美味しかった。
いいお店でした。

うーん、やっぱり冬の日本海側は美味しいものが沢山。厳しい寒さがものを美味しくするのでしょうか。
美食三昧でした。
PR
Comment
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Clear