忍者ブログ

酒とバラの日々 福岡を中心とした食べ歩き情報と、ワインやおつまみのレシピブログです。 国内、海外の旅行記もやってます。 Twitter:http://twitter.com/ariahisaeda

RSS TWITTER RssTwitter

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

エルミタージュ美術館

エルミタージュ美術館は、やはりサンクトペテルブルグばかりかロシア最大の見るべき場所。
ダイジェストですがご紹介しておきます。

エルミタージュ美術館

カフェでお茶でも飲めればよかったのですが、ツアーではその余裕もなく。
目玉だけは見せてもらいましたが、やはりツアーで行く美術館は勿体ないですね。

にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ にほんブログ村 グルメブログ ランチへ にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

クチコミblogランキング TREview



拍手[0回]

エルミタージュ美術館大階段

まずは入室して度肝を抜かれるのが、この大階段です。
無数の彫刻で飾られた大階段は、数多くみましたが、ここの規模はすごい。写真ではなかなかお伝えすることはできませんが、天井までの高さはおそらく世界一の美術館ではないでしょうか。

謁見室

ここがエカテリーナ女帝も使ったという謁見室。
謁見室というのは外国からの使者へ、権威を見せつけ、少しでも外交を有利に運ぶための部屋ですから、その凝らされた意匠も半端ではありません。

ベルサイユ宮殿のようなヨーロッパ風の部屋ですが、巨大なるロシアを統べる皇帝として、王座はアジア風の雰囲気がします。

大シャンデリア

ナポレオンが残していった銀を潰して作ったという戦利品の大シャンデリアなどなど。世界の富をあらん限りを集めたという感じです。

展示室2

美術品の目玉はありすぎるほどあるのですが、なかでもダヴィンチの絵2枚「リッタの聖母」と「ベヌアの聖母」とミケランジェロの彫刻ひとつは、至宝のようで。
ものすごい人混み。 _| ̄|○

とにかく、一日、しかも3時間程度で、回れるのような内容ではないので、勢いガイドさんにただ連れられて、目玉となる美術品の説明を聞くというカタチになります。

もちろん、ルネサンスに限らず、ヨーロッパの名画もプーシキン美術館以上に持っています。

多分、思い通りに見るためには最低でも2日か3日は必要でしょう。とにかく巨大美術館回りに必要なのは「体力」です。

ピカソの描くたれぱんだ

最後に…。
ピカソの絵の中に、たれぱんだを見つけました。似てるでしょ?(^-^
PR
Comment
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
ホントだあ~!!
たれぱんだが胸に抱かれてるみたいですね!?
私もベルサイユのようなルーヴルのよう!と思ってしまいましたがやはりアジアテイストも混じってるんですね。

ルーヴルしかりMETしかり巨大な美術館は何日あっても足りないくらい、体力いりますねえ!!
あ~でも羨ましい!豪華絢爛エルミタージュの世界♪♪♪
あやのすけ 2008/08/08(Fri)08:33:00 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
エルミタージュ冬の宮殿と旧参謀本部
エルミタージュの大型バス専用駐車場に着いた。雲ひとつない気温30度のサンクトペテルブルグの空に「冬の宮殿」は映える。神々しいくらい。 皆様、ひとくちに「エルミタージュ」と言っても、それはそれは広いのです。上空からの見たエルミタージュ。右上、アレクサン...
URL 2008/09/20(Sat)07:13:04
Clear